NINA RICCI

ニナ リッチは1883年、イタリア トリノに生まれ、1932年、自身の名を冠したメゾン「ニナ リッチ」をパリにオープン。 ニナ リッチの服作りは独特で、デッサンを行なわずに、服地を直接身体の上にかけながら、ドレープを寄せ、カットを施した。 その手法から彼女は「彫刻家」と呼ばれていた。
彼女のスタイルの特徴はエレガントで優雅なドレス、優秀な技能によって作られた作品は、女性らしい丸みを帯びたライン、 動きのあるデザインに加え、完璧な縫製で上流階級層に支持を得る。

2015年、ギョーム・アンリがニナ リッチのクリエーション ディレクターに就任。


日本橋髙島屋2階特選フロアー
OPEN 10:30 - 19:30 不定休
TEL 03-5542-1771
NINA RICCI